マンション管理会社を変更する

マンションを管理する会社の変更

マンション管理会社をチェンジする利点とデメリット

マンションの管理運営能力が高まります

マンション管理会社をチェンジした局面で見られるメリットとして、まず第一にマンションの管理能力が非常に高まることがあげられます。
適正な管理費で、収支がバランス良くなります。
設備がきちんとメンテナンスされ、美化が保てます。
修繕積立金など、マンションメンテナンスに不可欠なコストが積立されます。
マンションの外面のみならず、運営資金に至るまできちんとマネジメントされます 。

管理費が安くなり住民意識が高まります

また、管理に関するコストが安価になります。
管理会社をチェンジするのに最も大きなメリットは、管理コストが安く済むことです。
一カ月ごとに居住者が払っている管理費の70パーセント以上が管理受託費と称されるものです。
こうした管理受託費については、管理会社を選択する時にキーになるところであり、管理会社を変更すれば安価になるでしょう。
その理由は、初めに設けられているコストが高いためです。
管理会社を選択する時には、そういったことを対比させて、競争させればカットできます。
また、 住民意識が非常に高まる点もメリットです。
マンション管理会社をチェンジする時には、大家、あるいはマンション住民とのコミュニケーションの場が設けられるでしょう。
それから、管理について全体を通して気持ち高めていくことになります。

管理に関する業務の引き継ぎが必須です

デメリットとしまして、マンション管理に関する業務の受け継ぎが必要になってきます。
マンション管理会社が変わってしまうことは、管理組合及びマンション管理会社が交わした契約の締結などを引き継ぐことが不可欠です。
場合によっては、きちんと引き継ぎが行われていないと、トラブルを起こすケースがあるので肝要になってきます。
ですから、マンション管理会社を変更する時は、しっかりと引き継ぎがなされているかを確認しましょう。
一回も管理会社をチェンジしていなくて、マンション建設から初の経験としてチェンジした場合、不安感がよぎるかもしれません。
過去、マンションそのものが建った時からの管理会社よりチェンジしてもうまく行くのか、新たなる管理会社であっても、きちんと応じてくれるだろうか等の不安が住民にでてくるかもしれません。
しかしながら、マンション管理会社に関しては変えてはいけないというルールはありません。
建造物を建てた傘下の会社でないと補修してくれないといったこともありません。
心もとなさを感じる面もあるかも知れないのですが、信頼して変更することが重要になります。

人気記事ランキング